太陽光発電で起業しよう!メリットとデメリットは?


安定した収入を期待できるのがメリット

太陽光発電を上手に使えば起業することも可能です。実際にこの数年間で多くの企業が立ち上げられてきました。土地を確保して大量の太陽光発電パネルを設置し、生み出した電力を売ることで利益を得るというビジネスモデルが成立するのです。太陽光発電で起業するメリットは安定した収入を期待できることでしょう。太陽光発電は昼間しかできないのは確かで、曇りや雨の日にも発電できません。しかし、年間をトータルで見ると発電できる量はあまり大きく変動しません。そのため、設置してしまえば当面は安定した利益を生み出してくれます。最初に融資を受けた場合にも返済計画を立てやすく、失敗のリスクが少ない起業になると考えられるのです。

売電価格が下がっているのがデメリット

太陽光発電で今から起業するのにはややデメリットもあるのは確かです。今までは国が売電価格を高い水準で設定し、事業として行う場合には20年もの間、固定価格で売れる仕組みになっていました。しかし、だんだんと売電価格が下がってきているので、今から始めると数年前に始めた人に比べると儲けられなくなっています。ただ、それでも安定した収入を得られる点に違いはなく、設置の際に補助金なども活用可能です。太陽光発電パネルの性能も向上し、価格も下がってきているので、初期コストをできるだけ押さえる努力をすれば投資したお金を取り戻せるでしょう。起業がやや難しくなっているとはいえ、まだ十分に太陽光発電で稼げる可能性があるのです。

太陽光発電の価格は主に部品代(太陽光パネル、設置架台、パワーコンディショナー、配線等)と工事費で決まります。余剰電力の買い取り額も年々低下していますので、費用対効果の検討が必要です。