引越しを決めたら何をする?片付けは計画的に


引越の準備は早めにしよう

引っ越そうと思って部屋を探して決めたりしている時は楽しいのですが、その後の準備を進めていくのは非常に重労働で遅々として進まないと嘆くこともあるでしょう。必要なものと不必要なものを仕分けて片付けていく作業は、簡単そうに見えてとても大変です。部屋の中身をそのままにしておく訳にはいかないので、引越す日当日から逆算してどんな作業をしていくのか大まかでもいいので決めておきましょう。作業のリストを作って優先順位も決めておけば、スムーズに行動をすることができます。一人暮らしなら2~3週間ぐらい前から少しずつ進めていくのでもいいのですが、家族で引っ越す場合には1ヶ月ぐらい前からこまめに作業をしておかないと間に合わないことも出てきます。

業者に頼む時も早めにしよう

引越をする日程は自分たちで決めればいいのですが、荷物が多くなってくると業者に依頼しようとしても日程が上手く組めなかったりすることもあります。特に繁忙期となるとかなり業者側で日程や時間が過密気味になってくるので、3~4月頃の引越を予定しているのであれば、年明けからでも相談を進めていくぐらいの勢いでも良いほどです。見積もりを複数の会社に取るのであれば、吟味するためにも早めに相談をしておかなくてはいけません。片付けが間に合わなくなってしまうと大変なので、業者に状態を見てもらって見積もりを確認しつつ、作業も同時に行うようにしましょう。早めの行動をすることで、割引などが受けられることもありますし、再確認もできて引越のトラブルも防げます。

引っ越しや実家の遺品整理など、不用品の回収をして処分してくれる業者があります。買取もしてくれて、その場で清算をしてくれます。自分ではなかなか処分できないものも、業者に任せることですっきりとします。