選択肢は多い?派遣の運転手は、様々な働き方が可能!


タクシー運転手として働く

派遣の運転手として働くのであれば、まずタクシー運転手という選択肢があります。タクシーは大型車のように操作が難しい車ではなく、普段プライベートでも乗っている車に近いので特別な技術は必要ありません。お客様をスムーズに運ぶ為にその土地の道路状況を把握する必要はありますが、カーナビがあるので心配無用です。タクシー運転手はライバルも多いので決して安泰ではありませんが、特に都市部では需要が高まりつつあります。外国人観光客数も増加傾向なので、ある程度英会話ができるとお客様も安心です。接客態度も大切で、間違った対応をすると所属会社の信用が落ちることになるので注意が必要です。ただお客様の体を運ぶだけでなく、心地良い時間を過ごしてもらえるような配慮があると評価も上がります。

トラック運転手として働く

トラック運転手も近年注目度が高まっています。企業間のやり取りは電話一本またはメールで済みますが、実際に物を運ぶという作業は人間が行うしかありません。空輸など色々な選択肢がありますが、トラックで運んだ方が機動力もありますしコストも低いです。時には千キロを超えるような長距離移動もありますが、走れば走るほど稼げます。タクシー運転手と違ってトラックを運転するには大型免許が必要なので、所持していなければ働けません。故に人材不足が問題となっていて、各トラック運転手は忙しい毎日を送っています。ただ、それだけ必要とされながら働けるので気持ち的にも充実します。

運転手の派遣のサービスは、ウェディングやパーティー、講演会など様々なイベントの際に重宝される傾向があります。