起業するための基本は利益!きちんと試算してから始めよう!


起業する上で利益の試算は必須

起業するときに何よりも重要なのは利益を上げられるビジネスモデルが成立しているかを確認することです。年間でどのくらいの利益を上げられるのかを試算するのは特に欠かせないことなので、具体的な企業のアクションを起こす前に十分に考えて計算してみましょう。潜在顧客がどれだけいるか、リピート率を上げられるモデルができているか、仕入額がどの程度で販売価格はどのくらいになるのかといった形で色々な観点から試算する必要が生じます。情報収集が重要なポイントになるので、関連するビジネスについては一通りの情報を集めておきましょう。その試算結果が融資を受けられるかどうかにも大きな影響を及ぼすため、説得力がある形で計算しておくことが大切です。

試算した結果をもう一度吟味しよう

いざ起業しようというときにはもう一度だけ試算した結果を見直してみましょう。起業するには一般的には数ヶ月の期間が必要になるため、試算してからもうかなり長い時間が経っていることもあるはずです。特に変化の激しい業界で起業しようとしているときには、すでにビジネスモデルが成立しにくくなっているリスクがあります。試算した結果を見返し、現状の業界情報と照らし合わせて確かに利益を上げられるかを最後に確認しておくのが無難です。事業を開始してしまってからでは、赤字が続いてしまっても引くに引けなくなってしまいます。方針を変更できる最後のチャンスは起業直前だということはよく理解しておかなければなりません。

フランチャイズとは加盟店が事業本部と契約を結ぶことにより、経営方法や商品、チェーン店の名称などのビジネスのノウハウのセットを取得することが出来ます。その対価にロイヤリティーを支払います。