適性検査は何のために行われるのか?その効果とは?


採用試験時に行われる適性検査の目的

新しい人材を採用しようとする時、企業によっては面接だけでなく適性検査も行っています。適性検査には、基礎学力やどのような考え方をするのかを知るための能力・学力検査と、どんなタイプの人間か、性格かを調べるための性格テストの2つに大きく分かれます。

これらの適性検査が行われる目的は、企業にマッチングする人材を客観的に見極めるためです。面接時の印象だけでなく、企業が求めている能力を持っているかを様々な角度から調べ、判断するために取り入れられています。

適性検査にはどんな種類があるか

適性検査で一番ポピュラーなのがSPI検査です。国語力をみる言語系、計算や数学能力をみる非言語系、こんな時はこのような行動をする、などを判断する性格適正系の3種類を答えるものです。

SPI検査に英語の問題文が加わっているのが玉手箱(キュービック)です。その他にも、数字を足して1桁めが何かを答えるクレペリン検査、IT系のスキルをみるためのCABが使われています。

試験方法は筆記やweb形式で行われます。制限時間が設けられているため、正確さだけでなく解くスピードも必要です。

適性検査で得られる効果とは

企業が適性検査を行うのは、その人が仕事をするために必要な資質を持っているかを調べるためです。基礎的な学力はあるか、コツコツ仕事をするタイプか、コミュニケーション能力が高く営業などに向いているか、をチェックし、その人が会社の中のどの部署でなら力を発揮できるかの判断材料にする場合もあります。

適性検査の結果が全て正しいとは言えませんが、企業にとって必要な人材を見極めるために有効な方法の1つです。また、結果が悪い部分があったとしても、それに対しての対策がみえやすくなります。

適性検査では点数や回答数も重要なポイントとなるため、問題を解く練習をしておくなど事前の対策も必要です。