倉庫を効率的に使う事がビジネスの鉄則です


ロジスティクスの分野にIT技術を導入

ロジスティクスを効率的に行える企業が、現代のビジネスシーンでは大きなアドバンテージを得られます。自社の物流倉庫をいかに合理的に活用するか、この点が現場の責任者に強く求められています。巨大な倉庫内には多種多様な商品が保管されています。クライアントから大量の発注があった時、迅速に出荷出来なければ企業としての信用を失う事になりかねません。また庫内にどういった商品の在庫が保管されているか、そのコンディションはどうなっているか等、荷物の詳細情報を常に把握しておく必要があります。せっかく大きなビジネスチャンスを得ても、肝心の倉庫管理が杜撰では迅速に対応出来ず、ライバル企業にそのチャンスを奪われる事態になりかねません。

アナログな方法で現場の在庫数や商品の種類、コンディションなどを管理するのも決して悪くはありませんが、現代のビジネスシーンはまさに一分一秒を争う世界観です。IT技術をロジスティクスに導入し、倉庫管理のデジタル化を推進させた方が効率的です。商品一つ一つを、専用のコードやタグで管理すれば、どういった品物がどの程度だけ庫内に存在しているか、現場スタッフがいち早く把握出来ます。コンディションや商品の詳細情報もネットワーク経由で打ち込めるようなシステムを実装すれば、クライアントからの発注にも柔軟に対応できます。また庫内の在庫数がいつでもどこでも把握できれば、必要以上に在庫を発注してしまう事を予防出来ますし、反対にリアルタイムで在庫量の低下が分かれば迅速に大量発注を行いチャンスロスを防ぐ事が出来るでしょう。

商品を安全に管理するために

倉庫に保管された在庫は文字通り企業にとって財産です。デリケートな種類の商品は、保管状態に細心の注意を払わなければいけません。例えば生鮮食品は湿気や高温に弱いです。常温で保管できる食品でも、高温多湿な環境に長期間置かれていると品質が劣化したり、商品の色味が悪くなったり、最悪の場合、完全に売り物にならない状態になります。せっかく大量に安価で仕入れた穀物や飲料水なども、保管場所を間違えばあっという間に価値が半減し、訳あり商品として出荷しなければいけなくなります。

広々とした倉庫の場合、いわゆる空調設備の死角になる部分がどうしても生まれます。湿気や温かい空気がこもりやすいスポットが自然と生まれる事があり、そこに食料品の在庫を保管するのはNGです。また除湿器を設置したり、大型の扇風機を設置したり、強力な空調設備への改修をする等、倉庫環境の改善に努める事が大事です。

3PL(サードパーティロジスティクス)とは簡単に言えば、第三者の物流企業が物流業務を受託するということです。主なメリットとしてはコストの削減があげられます。