レンタル倉庫!基本的なことを知っておきましょう


契約内容によって違います

捨てるのは嫌だけど、家に置いておくスペースがないといった荷物があるなら、レンタル倉庫に持っていくと良いでしょう。ただしレンタル倉庫といっても実はさまざまなものがあるため、基本的なことだけでも頭に入れておくと後悔しなくてすみます。まず契約内容に関してですが、大きく分けて寄託契約と賃貸借契約に分けられます。寄託契約というのは、一定限度の責任を持ち、荷物を預かってくれるレンタル倉庫です。それに対して賃貸借契約を結んだレンタル倉庫では、スペースを貸すだけで荷物の保管や管理に関しては責任を負いません。そのため盗難されると困るような高価な荷物な場合は、寄託契約のレンタル倉庫を選ぶのが無難です。

認定マークの有無について

レンタル倉庫はたくさんあるため、どこが良いのかわからないといった人は少なくないです。そこで目安にすると良いのが、認定マークがあるのかどうかです。実は国土交通省に認められた業者は、「優良トランクルーム認定」というマークを掲示できます。他にも「推奨レンタル収納スペース」マークがあり、こちらはレンタル推奨協議会が推奨している業者に与えているものなのです。いずれかのマークがあるところは比較的安心できるので、相談してみると良いでしょう。

趣味の道具などを入れるなら

どのレンタル倉庫にするのかは、何を入れるのかで選ぶのも良い方法です。例えば趣味に使う道具などの場合は、頻繁に出し入れをすることが多くなります。そこでレンタル倉庫の敷地内に簡単に出入りできるところや、二十四時間利用できるレンタル倉庫が便利です。ただしこのようなレンタル倉庫だと、不特定多数の人が出入りできるため、念のため防犯カメラが設置されているところが安心です。

高価なものを預ける場合

宝石や美術品といった高価のものの場合、ビル一棟がレンタル倉庫になっているようなところが良いです。このようなレンタル倉庫では、建物の中に入るためには身分証を提示したり、暗証番号を入力したりしなければいけません。加えて守衛さんが常駐していて、定期的に敷地内を見回ってもらえます。

雨ざらしでも構わないのなら

中古車用の部品やキャンプで使う道具など、雨に濡れても構わない荷物なら、野外にあるレンタル倉庫を利用してみましょう。こちらは空き地のようなところに荷物を置くことになるのです。そのため雨や風、太陽光にさらされることになります。しかもこのようなレンタル倉庫は山の中にある場合が多いため、出し入れするのに不便を感じるかもしれません。ただし利用料金はかなり安くなるのが一般的なので、費用を抑えたいなら検討してみましょう。

商品を消費者に届けることが物流です。基本になる作業は、保管・流通加工・包装・荷役・輸送です。その他に情報処理も加わります。