メール配信を代行してくれるサービスとは?


メール配信業務は苦労がいっぱい!

マーケティング業務の一環として、顧客に対してメールを一括送信している企業は多いと思います。メール配信している担当者は、苦労することがたくさんあります。誤送信すると企業イメージに傷がつく可能性が高いため、気の抜けない業務と言えます。適切な顧客にメール送信するためには、顧客リストの管理が不可欠です。新規顧客をモレなく追加し、削除希望の顧客もモレなく削除する必要があります。また、マーケティングに効果的なメールコンテンツを作成する必要があります。メールを開封してもらえる工夫やメール本文のリンクへ誘導する文面は、なかなか頭を悩ませ苦労します。

メール配信代行サービスの利用

メール配信代行サービスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。これはメール配信業務をアウトソーシングできるサービスです。すでに数多くの企業がこのサービスを利用して、業務負荷の軽減に役立てています。それだけではなく、システム化されたサービスを利用することにより、誤送信の抑制にも効果があります。メールコンテンツが効果的ものになるよう相談を受けてくれるなど、サービス内容は多岐にわたります。

どんなサービスが受けられるの?

メール配信代行サービスなので、メインはメール配信業務と言えます。顧客リストの作成・管理からメール配信までのすべての業務を請け負ってくれます。さらに、作業ミスが発生しないようにするため、複数人でのチェックの徹底や作業チェックリストの活用などが行われています。短期間に大量メールを送信すると、メールサーバーの制限やスパムメールと認識され送信できないことがあります。このような対策も万全なので安心して利用できます。メール配信以外にも、メールコンテンツを作成してくれるライティング業務にも対応してくれます。配信されたメールは開封率などの集計も行えるようになっているため、それらの集計結果をもとにアドバイスも受けることができます。サービス提供のために使用されるサーバーの運用・保守についても気にする必要がなく、ITに精通している担当者が自社にいなくても大丈夫です。

メール配信代行サービスの選び方

メール配信代行サービスについて調べてみると、数多くのサービスがあり、どれが良いのか迷ってしまいます。選ぶポイントとしては、やはりコストパフォーマンスが高いことがあげられます。安さだけで判断するのではなく、自社に必要な付加サービスを含め、適切な価格であるかを判断する必要があります。また、顧客リストなど個人情報を扱うケースが多いので、セキュリティ対策も気をつけなければなりません。プライバシーマークを取得していることが一つの指標になります。

学校からの連絡も子供会の連絡事でさえも、日常生活にメール配信を使うのが当たり前の時代に突入しています。