人気のタイムレコーダーに搭載されている主な機能をチェックしよう!


打刻ミスを防止できる製品は担当者の負担軽減に繋がる

タイムレコーダーは業種や事業規模、従業員数などにかかわらず、勤怠管理を効率良くおこなうために重要な製品として位置づけられています。タイムレコーダーに搭載されている機能については実に様々なものがありますが、中でも打刻ミスの防止ができるものは、年々全国の民間企業や官公庁などの間でニーズが高まっています。特に、一箇所の職場で様々な職種の従業員が働いている企業においては、打刻ミスを少しでも減らすために、早いうちから高機能のタイムレコーダーの導入を検討すると良いでしょう。また、打刻ミスが発生する原因については、法人向けにタイムレコーダーを提供しているメーカーの公式サイトやパンフレットなどに詳しく記載されていることもあります。

そのため、理想的なタイムレコーダーを選ぶうえで、信頼できるメーカーの製品を優先的にチェックすることが大事です。

給与計算の機能を活用すれば人件費の節約もできる

給与計算の機能が備わっている最新型のタイムレコーダーは、経理担当者の人数が不足している企業を中心に画期的なツールとして注目されています。最近では、コストカットの観点から事務や経理などのデスクワークの職種の従業員を減らしている企業が目立ちますが、月末の給与計算をスムーズに行ううえで、余裕を持って機能面が優れている製品の特徴を理解するのがおすすめです。大手のタイムレコーダーの製造から販売までを手掛けているメーカーの中には、それぞれの顧客の希望に応じて、使い勝手が良い製品の提案を行っているところも多くあります。

そこで、短期間のうちに便利なタイムレコーダーを使い始めたい時には、ライバル企業の動向に目を向けながら、業界内で広く普及している製品の共通点について調べておくと良いでしょう。

スマホ連動型の製品は外出先でも出退勤の記録ができる

スマホ連動型のタイムレコーダーは、営業職など外回りの機会が多い従業員も、都合の良いタイミングで出退勤の記録をすることが可能です。また、ワンタッチで簡単に操作ができるタイムレコーダーの数も増えており、インターネットが繋がる環境さえあれば、自分でもしっかりと毎日の勤怠管理ができるという魅力があります。スマホ連動型のタイムレコーダーを開発したメーカーにおいては、従来の製品と比較して大幅なコストカットを実現したり、様々な業種の法人へのサポートを強化したりしているところもあります。そうした中、長期にわたり同じタイムレコーダーの使用を続けるにあたっては、信頼できるメーカーの製品の特徴を比較することが肝心です。

タイムカードに打刻するタイプのタイムレコーダーでもデータをファイルとして出力でき、データの二次利用に活用できます。